信州 松本 ドイツパン ブロートヒューゲル
 信州松本 ブロート・ヒューゲルの こだわり
 ヒューゲル・ライ麦

予約販売をさせて頂いているプンパニッケル。
ブロート・ヒューゲルでは、このプンパニッケルに用いるライ麦を自家栽培しています。

信州松本は肥沃な畑地に恵まれ、農業を心から愛する農家の方から、ヒューゲルのライ麦用に畑を借り、種まきから、麦踏み、刈り取り、脱穀、乾燥、製粉。全ての工程を自ら行って、最終的に終夜を通して焼き上げてプンパニッケルは完成します。
どんな食物でも共通だと思いますが、パンの味を突き詰めていくと、素材の大切さに行き着きます。

ブロート・ヒューゲルでは、製粉会社から小麦粉の提供を受けてパンを焼くだけではなく、素材と向き合うところから取り組みたいと思っています。
2014年収穫の自家栽培ヒューゲルライ麦に対し放射能測定を行いました。
結果は検査項目に関してすべて「不検出」となっています。
結果報告書はこちらのpdfを参照ください。『放射能測定結果報告書 2014/10/08』

 ブロート・ヒューゲルのライ麦畑 (BGMが流れます)

今年もこんなに大きくなりました。
7月に収穫。脱穀、乾燥してヒューゲルのライ麦粉になり、プンパニッケルとなって皆様に。
そのときまで、信州の自然の恵みをたっぷりと吸収して成長します。

7月22日、2014ヒューゲル・ライ麦の収穫が無事終わりました。
これから乾燥、脱穀を経て、秋にはプンパニッケルをはじめとするパンをお届けします。

  ヒューゲル・石窯

パン屋としての責任の一つは、いつもお客様に一定の品質のパンをご提供する事だと考えています。
ディニッシュパンや食パン、天然酵母パン、フランスパンなど、いくつものパンを開店時間までに焼き上げるのには、電気窯は欠かすことの出来ない道具です。

一方で、パンに携わる者として、石窯には語りつくせない魅力と、炎の力の素晴らしさが有ります。

自分の焼きたいパンは、すべてこの石窯にあると思いから、自ら研究&製作した石窯を使ってハード系のパンを焼き上げています。
一度に焼き上がる数は少ないですし、燃料等のコストを考えると苦しいですが、お客様には是非とも石窯パンの味を堪能して頂きたいと思っています。

  乗鞍の恵み

ブロート・ヒューゲルの原点は、信州松本の農産物と乗鞍高原の自然の恵みです。

パンを作るには酵母が必要です。天然酵母は干しブドウなどを使って、ご家庭でも作ることが出来ます。

ブロート・ヒューゲルでは、自家製の天然酵母の素材として、乗鞍高原に自生する山ブドウを使っています。ブドウは樹齢を増すごとに根が地中深くに張り廻り、自然の恵みを沢山吸収します。ミネラル分を含んだ山ブドウを使うことで、パンに深い味わいが得られます。

山ブドウの他にも、自家製のホップなど、ちょっと変わった天然酵母も使っています。

 マルシェ&ドイツ関連・フェスティバル出店

多くの方にドイツパンの味をお楽しみいただきたいとの想いから、ドイツフェスティバル、横浜フリューリング・スフェスト、赤坂サカスマルシェ、六本木ヒルズマルシェなどにも出店しています。
>> 出店実績はこちら

信州松本の素材や乗鞍高原の天然ブドウ酵母と、ドイツパンのマリアージュをお楽しみ下さい。

  食育活動

ブロート・ヒューゲルが乗鞍高原に所有している石窯を使って、修学旅行の生徒さんなどに、ピザを石窯で焼く体験をしていただいています。

食べ物がただ単に店頭で販売されているのではなく、その背景には、小麦を生産する農家さん。小麦を挽いて粉にするひと、パンを作る人、そして、石窯の炎が作り出す美味しいパンやピザ。
沢山の人々の関わりと、炎の可能性を知って欲しいと思っています。

様々な食育活動を通じて、食に関する興味を沢山持ってもらえればと思っています。

長野県 松本 ドイツパン ブロートヒューゲル twitter twitter twitter facebook tel:0263-48-2215